経営者のリーダーシップ理論を具体例を交えて論じるよ。書籍7つの習慣と著名経営者(本田宗一郎、稲森和夫、孫正義、ドラッカーなど)の具体例を参考にしながらね。

スポンサードリンク

『経営者のリーダーシップ理論を具体例を交えて論じるよ。書籍7つの習慣と著名経営者(本田宗一郎、稲森和夫、孫正義、ドラッカーなど)の具体例を参考にしながらね。』のサイトトップへ
 >  『リーダーシップで育てる方法』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  リーダーシップ教育:やる気のないリーダー候補の教育

リーダーシップ教育:やる気のないリーダー候補の教育

リーダーシップ教育:やる気のないリーダー候補の教育


「見違えるほど変わったよ!」

リーダーシップ教育は、本当に人を変える。

天然でリーダーシップを身につけている人は、実はほとんどいない。
リーダー気質ではあっても、優れたリーダーシップ教育なしには身につかないと思う。
逆に、教育をすればリーダーシップは、簡単に身につく。


「本当かよ?」


と疑いたくなることもあるでしょう。
教育してもリーダーシップが全く身につかなそうな人もいるからです。

「まったくリーダーをやる気がない人」

今回は、そんな人にリーダーシップ教育を施す方法を紹介します。


はっきり言って、そんな人にリーダーシップ理論を教え込んでも無駄です。
まずは、やる気になってもらうことが大事です。


「それ、無理だろ?」


という声が聞こえてきそうです。
しかし、やる気のないリーダーが何をやっても無駄です。

まずは、リーダーシップ教育の第一歩。
やる気を養成することを考えましょう。


「あなたはどうしたいの?」


この質問を投げかけることが大切です。
はじめは、

「リーダーをやめたい」

というかもしれません。
そして、やめることが可能ならばやめたほうがいいです。


やめられないリーダーなら、そのリーダーの地位にいるうちに、
確実に

「リーダーとしてうまくやりたい」

と思う出来事に襲われます。
その日を待ちましょう。
それがやる気がない人のためのリーダーシップ教育です。


やる気がなかったひとが、

『見違える』日も近いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『経営者のリーダーシップ理論を具体例を交えて論じるよ。書籍7つの習慣と著名経営者(本田宗一郎、稲森和夫、孫正義、ドラッカーなど)の具体例を参考にしながらね。』関連エントリー

リーダーシップを発揮してみんなに助けてもらう方法。 ●リーダーシップ論に基づくコミュニケーション理論 部下の話をしっかり聞いて、部下にとって もっとも大切な部分・共感して欲しい部分 にのみ相槌を打つ。...
●リーダーシップコミュニケーション:コミュニケーションの力● リーダーシップコミュニケーション:コミュニケーションの力に・・・ ★興味のない方は ↓ 人気ブログランキングでオンラインコミュニケーション...
●リーダーシップ教育:やる気満々のリーダー候補の教育● やる気満々のリーダー候補の教育。 これはやはり簡単です。 リーダーシップ教育を施せば確実に優秀なリーダーとなってくれます。 しかし、せっかくやる...
●リーダーシップ教育:やる気のないリーダー候補の教育● 「見違えるほど変わったよ!」 リーダーシップ教育は、本当に人を変える。 天然でリーダーシップを身につけている人は、実はほとんどいない。 リーダー...
●気楽にリーダーシップ:気楽なリーダーシップ理論● 『気楽にリーダーシップ♪』というと、 「気楽になんて、リーダーの役割はそんなに甘くない!」といわれそうです。 でも、「気楽にやるほうがうまく行く」ん...
●組織文化を創るリーダーシップ● 組織文化を創る。 これはリーダーシップを発揮してリーダーが積極的にやりたいことです。 組織文化にも、いろいろあります。 その中でも特に、リーダーシップを発揮して創りた...
『リーダーシップ教育:やる気のないリーダー候補の教育』関連エントリー記事

リーダーシップを発揮してみんなに助けてもらう方法。

●リーダーシップ論に基づくコミュニケーション理論
部下の話をしっかり聞いて、部下にとって
もっとも大切な部分・共感して欲しい部分
にのみ相槌を打つ。

相槌を打たないときは、暖かいまなざしで
真剣に相手の話に耳を傾けている態度をとる。

相手のすべてを受け入れて、リーダー
のほうが大きい存在であることを示す。

スタッフの価値観を理解して、理想を追求
させるためにどうすればいいかを考える。

理論的プラス思考を身につける。
どんなネガティブなことも
「理論的な根拠をもって」
ポジティブに捕らえる。

●理論的なリーダーシップのバランス
部下がどのレベルにいても肯定と否定が
一対一になるようにする。

感情に振り回されず全体をみるという
リーダーの資質を満たすために、
失敗のみならず怠慢や不正行為の横行も
目につくようになることに覚悟を持つ。

●リーダーの資質
英雄になる欲求と期待をはねのけて、
冷静に理論的にリーダーシップを実践する。

自分のリーダーとしての資質を理論的に
分析し客観視してリーダーシップを発揮する。

●リーダーシップ理論的ステップ
もっとも重大な問題に向き合い、
「放置されたことでどれだけ損害が大きくなったか」
を理論的に分析して、これからのリーダーシップを
発揮する際に事前に対策をとるモチベーションとする。

リーダーシップコミュニケーションコミュニケーションの力●


リーダーシップコミュニケーションコミュニケーションの力に・・・


★興味のない方は

人気ブログランキングでオンラインコミュニケーション


★興味のある方は読み進めてください


リーダーシップを感じさせるコミュニケーション・・・

今回は、その中でも特に、メンバーに行動してもらうために欠かせないものについて話したい

それは『ねぎらい』である。

心理学の中にABC理論というものがある

A・・・誘発要因(行動の前に、行動を誘発する要素のこと)

B・・・行動

C・・・後発要因(行動の後に発生するもので、将来の行動を左右する)

つまり、誘発要因(A)によって行動(B)が促され、その後は後発要因(C)が作用するということ

多くの人は、誘発要因(A)にばかり神経を使ってしまう

しかし、長期的にメンバーに行動してもらいたいならば、後発要因(C)に力をいれるほうが大切です

後発要因というのは、先にも述べたように『ねぎらい』のことである。

行動の後に、どれだけねぎらいのコミュニケーションができるか、
リーダーシップの価値が評価される

ハリウッドのプロデューサーは、映画撮影の後に、どれだけの気の聞いたねぎらいができるかで
ランクがつけられる、と言われる


それほどねぎらいのコミュニケーションが大切なのである。

ねぎらいのコミュニケーションは、ただやればいいというものではない


メンバーを驚かせるようなものでないと、効果は薄いといえる

メンバーに対するねぎらいのコミュニケーションに最高の力を発揮できる人に
メンバーはリーダーシップを感じるのだ

リーダーシップコミュニケーションコミュニケーションの力 まとめ●

リーダーシップを示すために、最高のねぎらいコミュニケーションをしよう


●リーダーシップコミュニケーション:コミュニケーションの力 まとめ 終●

●リーダーシップコミュニケーション:コミュニケーションの力 終わり●


 >   >  『リーダーシップ教育:やる気のないリーダー候補の教育』のページ上部へ↑
 >  『リーダーシップで育てる方法』カテゴリー記事一覧へ
『経営者のリーダーシップ理論を具体例を交えて論じるよ。書籍7つの習慣と著名経営者(本田宗一郎、稲森和夫、孫正義、ドラッカーなど)の具体例を参考にしながらね。』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 2013年2月のアクセス解析情報
     検索単語リクエスト数リーダーシップ 意味23pm理論 具体例4リーダーシップ理論4リーダーシップ理論 看護2軍事的リーダー 例2カリスマ リーダーシップ2リーダー 意味2リーダー 決断する...
カテゴリーをチェック
最近の記事
コメントありがとう!
キーワードランキング
『リーダーシップ理論の限界を打ち破る論を展開』の関連キーワードをリストアップ! 関連キーワード
ベスト5発表中
1位.看護 リーダーシップ
2位.リーダーシップ 論文
3位.リーダーシップ pm理論
4位.リーダーシップ トレーニング
5位.リーダーシップ 卒業論文